新たな時代に向けたロータリー活動を

2021-2022年度会長 藤澤秀紀

コロナ禍の中、輝かしい歴史と伝統ある金沢ロータリークラブの会長という重責を仰せつかり、身の引き締まる思いであります。

もとより浅学菲才の身であり理事、役員の皆様、正副委員長の皆様、会員の諸兄の皆様、そして桜井さんのご協力、ご支援を賜りこの1年間を務めたいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

さて、今年のRI会長シェカール・メータのテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」SERVE TO CHANGE LIVESをテーマに挙げられました。RI会長は、少なくとも年一回実践的かつ行動志向のロータリー奉仕デーのイベントを計画、開催していただくよう要請しており、それにより公共イメージの向上に伴って会員増強されると説いています。

また、今年度の焦点は「女子のエンパワメント」とし、ロータリーの中核的価値観、DEI(多様性、公平さ、開放性)の「多様性」を踏まえ、不利な立場に置かれることが多い女子へのエンパワメントに取り組むことが重要としております。

そして、2610地区ガバナー神野正博氏は「レジリエンス~未来のロータリーを築こう」RESILIENCE~MAKE the FUTURE of ROTARYと発しております。我々は、社会もクラブの運営もコロナ禍以前には戻らないと認識すべきであり、Resilience(困難から回復)を目指し、未来の社会を実現させる努力が必要と訴えています。

金沢ロータリークラブの活動方針は「新たな時代に向けたロータリー活動を」です。村本年度、新家年度ともコロナにより思い通りに活動が出来ませんでした。本年度でも同じ環境が続くと思われますが、皆さんと知恵を出し合いながら例会を進めて行きたいと思っております。そして、こんな時代だからこそ楽しいロータリーにして行きたいと考えておりますので宜しくお願い申し上げます。