トップページ > 会報閲覧 > 2019-2020年度会報

2019-2020年度会報

タイトル 会報No.2425 2019年7月10日
名前 金沢RC事務局 ファイル   閲覧 152

幹事就任挨拶
2019-2020年度幹事
中村 哲郎

 2019-20 年度金沢ロータリークラブ幹事を仰せつかりました中村哲郎です。2005 年7月にロータリークラブに入会させて頂き、はや14 年が経ちました。その間、多くの方々にお世話になりながら、様々な経験をさせて頂きました。そしてこの度、微力ながら幹事という立場で村本会長をお支えし、メンバー皆様のお役に立てることは若輩者の私にとり大変光栄なことだと思っています。

 村本会長は「ロータリーだから出来ること、ロータリーでしか出来ないこと ロータリーをもっと楽しもう」という活動方針を掲げられました。その方針のもと、ロータリー活動を通して、今年だからこそ経験出来る充実した時間をメンバーの皆様と共に創り上げていければと考えています。勿論、その基本は例会や事業活動にあることは言うまでもありません。1つ1つ丁寧に務めて参りたいと思います。

 そして松本パスト会長がRI 第2610 地区のガバナーとして「一歩前進しよう one step ahead」というメッセージを掲げて、活動される年度にもなります。当然、多くのメンバーの方々が従来以上に地区活動に携わることになります。私は今年の6月末で退きました地区財団委員会でロータリー財団活動や地区補助金・グローバル補助金の申請や承認など8年間活動する貴重な機会を得ることが出来ました。松本ガバナーそして一緒に地区の活動で汗をかいているメンバー皆様のため、少しでもお力になれるように地区での経験を活かして参りたい
と思います。

 そして改元後、令和として始まる最初の年度となることも、1年間の活動を印象深いものにしてくれるのではないかと考えています。

 素晴らしい1年を一緒に創り上げていくために、皆様方のご指導ご鞭撻を重ねてお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせて頂きます。

 

ご挨拶
2019-2020年度
クラブ奉仕委員長
笹井 錬造

 クラブ奉仕委員会は、会員増強、クラブ会報、親睦、例会、ニコニコの各委員会で構成されます。ロータリーだから出来ること、ロータリーでしか出来ないこと、ロータリーをもっと楽しもう、を活動方針にしてクラブ内の活動と親睦を図り、会員相互の交流を促進して行きたいと存じます。宜しくお願いいたします。


ご挨拶
2019-2020年度
職業・社会奉仕委員長
中川 幸雄

 職業奉仕委員会・地域社会奉仕両委員会は、過去の金沢ロータリーの委員会活動を鑑みて、村本会長方針並びにRI 会長方針の下、各委員長が金沢のインスピレーションとなって、広く社会にロータリークラブの活動を知ってもらうきっかけ作りをしてくれる事を期待し、両委員会を見守っていく所存です。

 

ご挨拶
2019-2020年度
国際奉仕委員長
平澤 宜正

 国際奉仕とは、国際理解・親善・平和を推進するために会員が行う活動からなるものであります。

 今年で6年間にわたる長期間で第三回目の設置事業をタイのポーサデットナコンシーRC との共同事業を行うと共に、ロータリー財団・米山記念奨学会への協力・支援を通して国際奉仕活動を実践していきます。

 

ご挨拶
2019-2020年度
青少年奉仕委員長
中村 太郎

 青少年奉仕はロータリーの5大奉仕の一つであり、未来を担う子供たちに様々な機会を提供することで、次代の若者の成長に寄与します。

 国際青少年委員会では交換学生の支援、ホストファミリー並びに受け入れ校との連絡調整を行い留学生が有意義な滞在の生活を送れるように活動いたします。また本年はベルギー短期受入れの年であり長期プログラム同様に派遣メンバーとホストファミリーのフォローアップに努めます。

 インターアクト・ローターアクト委員会では遊学館高校のインターアクトクラブと金沢ローターアクトクラブの支援を行い、その活動の充実と拡大を図る事によりそれに関わる人々がより良き結果が残せ、社会に良いムーブメントを起こせるように活動します。

 

第4回 クラブ協議会

 6月26 日、「山乃尾」にて野上年度の最後となる第4回クラブ協議会が開催されました。西木戸幹事の司会進行で始まり、小鍛治会計より今年度は新会員23 名入会したことによる収入の大幅な増加があったことを踏まえた一般および特別会計仮決算書の説明がありました。その後、野上会長のご挨拶では、昼例会のお話の続きでもあるタイでの会社設立後エピソードで会場は大いに盛り上がりました。引き続き松本直前会長かつガバナーエレクトから次年度はガバナー活動のためなかなか例会に出席できないかもしれないが頑張ってまいりますといった決意表明とともに、乾杯のご発声をいただきました。

 懇親会から芸妓衆を交え途中に踊りの披露もあり会員の皆様も和気あいあいとさらに交流を深めました。席上、野上会長自ら皆様へ今年度の感謝と労いの言葉と共に会場をまわっておられました。最後は村本会長エレクトから締めのご挨拶、参加者全員での三本締めにて、クラブ協議会はお開きとなりました。

(記 池辺 奏)

次へ 会報No.2426 2019年7月24日
前へ 会報No.2424 2019年7月3日

リスト