トップページ > クラブの概要 > 会長挨拶

会長挨拶

「元気で笑顔になれるロータリーに!」

2018~2019年度会長

野上 兵一

 

 

輝かしい歴史と伝統のある金沢ロータリークラブの2018~2019年度の会長という重責を仰せつかり身の引き締まる思いをいたしております。金沢ロータリークラブに入会させていただいて早22年が経とうとしておりますが、もとより浅学菲才の身でありますので、理事、役員の皆様、正副委員長の皆様、事務局の方々、そして、会員の皆様のご理解、ご支援、ご協力を賜ってこの一年、重責を全うしたいと存じますのでよろしくお願い申し上げます。

 さて、今年度のバリー ラシンRI会長は「インスピレーションになろう」をテーマとして挙げられました。テーマの中のインスピレーションとは我々日本人が通常意味する「突然に頭の中にひらめく考え、霊感」ではなく、「鼓舞する人」即ち、「事を起こす原動力」、または「仕掛け人」という意味であります。したがって、ロータリアンひとりひとりがロータリーで行う奉仕活動の仕掛け人になろうではないかと、それがひいては世界平和につながると私はこのテーマを解釈いたしました。また、このRI会長のテーマを受けて本年度2610地区若林ガバナーは「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」のガバナーメッセージを発しておられます。現在ロータリークラブの会員数が世界でも日本でも減少をしております。金沢ロータリークラブは幸いにもここ10年間減少はしておりませんが横ばいの状況です。会員の数だけがそのロータリークラブの力を示しているとは思いませんが、会員数が減少すれば活動に制約が課せられることは明らかです。本年度は当クラブの会員数が減少しないよう、そして、先輩諸兄が築き上げられた輝かしい歴史と伝統を守るためあえて20名の新会員を目標に純増10名を目指したいと思っています。また、当クラブは、松本耕作会員を2019~2020年度2610地区ガバナーとして輩出いたします。

来年、3月にはPETS,4月には地区研修・協議会が金沢で開催されます。

当クラブはホストクラブとして、ガバナー輩出クラブとして恥ずかしくないよう万全の準備をしていきたいと思っております。

 本年度、私のキーワードは「元気で笑顔になれるロータリーに!」です。ロータリーの様々な活動を通してロータリー会員のみならず、それに関わったすべての人が元気で笑顔になれるロータリークラブを目指したいと思います。最後に重ねて会員皆様方のご指導、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。