トップページ > クラブの概要 > 会長挨拶

会長挨拶

「楽しいロータリーを共有しよう!」

2020-2021年度会長

新家久司

 金沢ロ-タリ-クラブ2020-2021年度会長を務めます、新家です。クラブの運営には皆様のご協力が不可欠と考えております。絶大なるお力添えをお願いします。

 私の年度のテ-マは「楽しいロータリーを共有しよう!」にしました。楽しいから仲間を増やします。楽しいから知恵を絞ってさらに楽しい企画を考えます。楽しいから笑顔になり新しい出会いを呼びます。お互いが笑顔だからこそお互いの考え方が勉強になります。ロ-タリ-の基本は楽しい出会いだと思います。

 この原稿を書いているのは4月です。新型コロナウィルスの感染拡大の勢いが止まりません。石川県は緊急事態宣言を発表しました。例会も休会が続いています。例会の再開を祈りながら、「ロ-タリ-の例会とは何か」ということに思いを巡らしています。ロ-タリ-の名称は、1905年2月23日4人の若者が会合を持ち、その後持ち回りで会合を続けたことに由来します。ロ-タリ-の原点は会合です。現在ではネット上で会合を持つEクラブも生まれていますが、私は同じ場所で顔を合わせて会合を持つことで、ロ-タリ-の意義が生まれると考えています。その為にも新型コロナウィルスの感染が一刻も早く収束することを願っています。

 今年度、クラブ奉仕委員会の皆様には、明るい話題で会員同士をつないで頂いて、一年が終わる頃には本当に楽しい年だったと委員会の方々も感じられるよう知恵を絞って頂きたいと思います。職業・社会奉仕委員会の皆様には、職業を通じた地域そして会員への奉仕とは何かの一例を我々に教えて頂けると幸いです。国際奉仕委員会の皆様にはタイの浄水器事業が一段落しました。次の事業に向けて調査研究をお願いしたいと思います。青少年奉仕委員会の皆様には、青少年は次の世代を背負うエ-スです。次代エ-スに様々な経験を与えて欲しいと思います。

 今はロ-タリ-にとって何度目かの試練です、皆さんと知恵を絞りながら暗い一年ではなく、楽しい一年にしたいと考えます。