トップページ > クラブの概要 > 会長挨拶

会長挨拶

 

金沢ロータリー会長挨拶

20192020年会長 村本道廣

 

新しい年号の令和が始まりました。本年は金沢クラブ創立85年を迎えます。この記念すべき年に、歴史と伝統ある金沢ロータリークラブの会長を拝命いたしました。身の引き締まる思いでありますが、役員・理事・会員諸兄のご協力を賜り1年間務めさせて頂きたいと思います。

 

本年は、久しぶりに地区ガバナーを輩出いたします。なにより、松本耕作ガバナー支援に取組んで行きます。地区へも瀬戸和夫幹事はじめ多くの出向者を輩出します。地区支援ばかりでなく、地区事業へも積極的に取組んで行きたいと思います。

 

今年のマローニーRI会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動することを目指しています。また、松本ガバナーは活動方針で、未来に適応すること、変化を導くために「一歩前進をしよう」と掲げています。そして、クラブへはロータリー賞のへの挑戦やクラブ戦略計画の設定を推進しています。

 

本年度、金沢クラブでは「ロータリーだから出来ること、ロータリーでしか出来ないこと、ロータリーをもっと楽しもう」を運営方針として活動して行きたいと考えています。

昨年度は25名にも上る新入会員を迎えました。増強分より魅力ある活動を考え、新しい会員との交流を計って行きたいと思います。また、金沢クラブの大きな特徴として転勤メンバーの多い点があります。その良さを生かし、将来の大きな事業などに備え東京でOB会を開催できればと思います。また、これまで2回行い昨年度事前視察を終えた、タイの浄水器設置事業も行います。従来からの継続事業もありますが、地区方針にもある将来に向けた「金沢クラブ戦略計画」の検討に入りたいと思います。

1年間どうかご支援を賜ります様お願い申し上げます。

 

■キーワード

ロータリーだから出来ること、

ロータリーでしか出来ないこと、

ロータリーをもっと楽しもう。

 

■活動内容

クラブ奉仕

・会員増強

   15名(純増5名)

・会報

    地区報告、新会員紹介、委員会活動紹介

・例会

   新入会員との交流を図る運営

・親睦

   年間5回の懇親会

・ニコニコ

    目標350万円、13万円年間は無理なく

    仙台RC来訪、東京でOB

・地区・ガバナー支援

    地区大会全員登録・参加

    地区事業参加支援

  My ROTARY の登録促進

  クラブ戦略計画策定会議の開催

3同好会の充実

 

職業・社会奉仕

・金沢市教育委員会への講師派遣

・職場見学2回開催

 

国際奉仕

・財団・米山への活動

・タイの浄水器設置事業

 

青少年奉仕

・交換学生の支援

IARAの活動支援